音高・音大受験クラス

音高、音大とも受験に一番重要な科目は専門実技です。そして次に、ほぼどの専攻にもあるのがピアノの実技です。まず受験にあわせた使用教材、志望校やレベルによりコースを選択します。受験合格をめざし、ピアノ技術、音楽の基礎となるソルフェージュ力を養い、楽典を勉強して、段階的かつ密度の濃いレッスンをいたします。ソルフェージュは各大学の入学受験レベルが違うため出題傾向を分析し、受験生のレベルにあった段階的なレッスンを行います。聴音書き取りは苦手な方が多いと思いますが、実はテクニックの積み重ねです。最初は簡単なものから一段階ずつ進んでいけば誰でも書き取れるようになります。また、「大学受験は先生を選ぶことから始まる」とも言います。
1)志望校・志望学科を選択
2)志望校の教授や講師に受験間から師事する
まず志望校の先生に基本レッスンをお願いするところから始まるのです。でも大概そういう先生は飛び込みのレッスンは受け付けません。その上、1レッスンが相当な金額です。そうなるとどこでそういったコネを捕まえるかというと、ピアノ講師同士のつながりになります。私自身が、ピアノ演奏会を開いていますので、先生にレッスンを受けています。そのパイプは各大学にありますので受験校の先生をご紹介することもできます。


音高・音大受験クラス レッスン料金表
入会金 10,000円
レッスン料金(月謝) 20,000円より
クラス例
  1. 60分クラス/月3回
  2. 60分クラス/月4回